マネジメントシステム認証等の相互承認

公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)は、中立的に認証機関を認定していますが、同時に海外の認定機関との相互承認(Multilateral Recognition)を推進するという重要な役割を担っています。

国際規格に基づいた認証制度(マネジメントシステムの認定)を各国独自に実施するのではなく、国際的に通用するものとすることで、認証の重複を防ぐことができ、国ごとに同じシステムの審査・登録を実施する手間や時間を省くことができます。そのためには、認証機関の間で、認証に必要な工程(プログラム)の同等性を確保することが必要不可欠になってきます。その同等性の確保のために認定機関同士が相互承認を行うのです。

公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)は、日本の代表として1998年 5月のIAF(International Accreditation Forum,Inc. 国際認定フォーラム)において、17か国16の認定機関との間で品質マネジメントシステム(Quality Management System, 以下QMSと略)についての国際相互承認協定(Multilateral Recognition Arrangement, 以下MLAと略)の締結に参加しました。

最近では、IAF/MLAメンバーの表示を行うことで、MLAメンバー間の審査の重複を回避し、認定の質の向上、相互承認評価の質の向上を目指しています。

一方、審査・登録の地域認定機関には、IAFの地域グループのひとつとしてAPAC(Asia Pacific Accreditation Cooperation, アジア太平洋認定協力機構)があります。アジアの認定機関が集まって審議する機構で、日本ではJAB、ISMS-AC、IAJapan、VLACがメンバーとなっています。

このようなグル-プとしては、APACのほかに、欧州認定協力機構(European Cooperation for Accreditation, EA)、中南米におけるマネジメントシステム認証機関・試験所認定の地域組織(Inter American Accreditation Cooperation, IAAC)などがあります。

1999年 9月にAPACの前身であるPACはIAFの相互承認グループへの参加が認められています。太平洋地域内でIAF相互承認グループへの参加を希望する機関は、APACの相互承認グループに参加を申請し、参加が認められればIAF相互承認グループのメンバーとして認められることとなります。

IAFは加盟しているメンバーが多いことから、各機関の実際の相互評価は IAFよりむしろ、APACのような地域グループで行う方が経済効率が高いという考えで、現在、いくつかの地域で地域グループが創設され、相互承認に向け活動しています。

認証機関の相互承認の概念

画像:認証機関の相互承認の概念図

ページの先頭へ戻る