ISO 9001/ISO 14001の認証を受けるにはどうすればよいですか

組織(企業等)の品質マネジメントシステム/環境マネジメントシステム(QMS/EMS)がISO 9001/ISO 14001に適合していることの第三者による証明である認証を受けるためには、まず、ISO 9001/14001規格を理解し、規格の要求事項に適合した仕組みを組織内に構築します。そのためにコンサルタントと契約しその支援を受けるかどうか は、各々の組織の判断で結構ですが、認証機関の関連機関からコンサルタント業務の提供を受ける場合には、認証の公平性確保の観点から制約があります。

次に、認証を受ける組織の業種に対する審査の力量をもつ認証機関を選びます。JABは認証機関を認定する機関であり、国際的な基準(ISO/IEC 17021)及びその適用の指針を定めたIAFガイダンスに基づき、力量に焦点を当てた認証機関の審査を実施しています。従って、本ウェブサイトの「認定された機関一覧」に掲載されている認証機関の中で、審査を受ける組織の業種に対応する認定範囲が認定されている認証機関を選ぶことをお奨めします。該当する認証機関が複数ある場合には、本ウェブサイトの「適合組織検索」から、認証機関の登録実績をお調べいただくこともできますので、認証機関選びの一つの参考にしていただけます。

なお、受審の詳細手続きや認証までの費用は、JABが認定している認証機関の間でも異なります。一般の取引と同様に、各認証機関に詳細を確認するなどして、契約を結ぶ前に疑問点を解消しておくことが重要です。

(参考)

  • ISO 9001及びISO 14001は日本国内では日本工業規格(JIS)となっています。JIS規格の入手等については一般財団法人 日本規格協会にお問い合わせください。
    一般財団法人 日本規格協会

ページの先頭へ戻る