ISO 50001認証について

ISO 50001の目的と意図

ISO 50001の目的は「組織が、エネルギーの効率、使用及び消費量を含むエネルギーパフォーマンスを改善するために必要なシステム及びプロセスの確立を可能にすること」であり、エネルギーパフォーマンス改善のためのエネルギー管理を行うことを明確に打ち出しています。

その意図は、「エネルギーの体系的な運用管理によって、温室効果ガスの排出量、その他の環境影響及びエネルギーコストの低減につながること」を意図して策定された規格です。

ISO 50001の特徴

ISO 50001が運用管理の対象とする「著しいエネルギー使用」は、ISO 14001における「著しい環境側面」のひとつであり、その他、ISO 50001の要求事項は、ISO 14001の要求事項と大変類似しています。
ISO14001で要求されている「環境パフォーマンスの改善」は、ISO 50001では「エネルギーパフォーマンスの改善」として、より一層の重点が置かれています。そして、エネルギーパフォーマンスに関連して詳細なデータの「監視・測定・分析」等が求められていることや、組織の仕組みが有効に機能してエネルギーパフォーマンスの改善に結びついていることが重視されている点が特徴となっています。

国内外を問わず、積極的な省エネルギーへの取り組みが求められる現在、ISO 50001エネルギーマネジメントシステム認定・認証制度による貢献が期待されています。
 

ページの先頭へ戻る