JIS Q 17021認定への移行に伴うJAB Noticeの適用について

2007年 8月 2日
財団法人 日本適合性認定協会

従来、本協会は、マネジメントシステムの認定審査において、下記に示すJAB Noticeを適用してまいりました。
これらのJAB Noticeは、JIS Z 9362(JAB R100)及びJIS Q 0066(JAB RE100)の条項の適用に当たって本協会の指針及びその考え方を示すことを目的として発行された文書です。したがって、その改廃がマネジメントシステム技術委員会で承認されるまで、JIS Q 17021(JAB MS100)を認定の基準として使用する認定審査(移行審査を含む)には適用いたしません。
なお、JIS Q 17021認定への移行期間内においてJIS Z 9362及びJIS Q 0066を認定の基準として使用する認定審査には、従来どおりこれらのJAB Noticeを適用いたします。

 

  • JAB Notice No.01: マネジメントシステム審査登録機関が行う「予備審査」の管理について
  • JAB Notice No.03: 「登録の対象となるサービス」を審査登録機関が提供することについて
  • JAB Notice No.04: JIS Q 9100 審査における「不適合」の取扱いについて
  • JAB Notice No.05: 組織による法的要求事項の意図的な違反と審査登録機関によるQMS審査について
  • JAB Notice No.06: JAB R106-2006及びJAB R/RE300-2006に定めるJAB指針の適用について

 

公表文書:

 

以上

 

ページの先頭へ戻る