JAB RL205「試験所・校正機関の認定範囲分類」の改定の予告

2008年 1月 8日
財団法人 日本適合性認定協会 

    下記のとおり、表記JAB RL205を改45に改定することを予告いたします。

 

 

  • JAB RL205改45「試験所・校正機関の認定範囲分類」(PDF 67KB)
  1. 改定点:
    M26「化学試験」
    (1)M26.1.20「液体クロマトグラフ質量分析法」の分類コードをM26.1.22に、また、M26.1.21「分子生物学的試験法」の分類コードをM26.1.23に変更する。なお、申請受付中は継続する。
    (2)M26/M26.1「化学試験/化学分析」の下位クラスにM26.1.20「高周波プラズマ質量分析法」及びM26.1.21「近赤外分光分析法」を設定し、かつ受付を開始する。
    (3)M26.3.16の表題を「食品」から「食品・飼料・肥料」に変更する。
    (4)M26.3.16.20の表題を「食品成分」から「成分」に変更する。
    (5)M26/M26.3/M26.3.16/M26.3.16.20「化学試験/製品別分析試験/食品・飼料・肥料/成分」の下位クラスにM26.3.16.20.12「その他」を設定し、かつ受付を開始する。
    (6)M26.3.16.30の表題を「食品添加物」から「添加物」に変更する。
    (7)M26.3.16.40の表題を「農薬」から「農薬・動物用医薬品」に変更する。
    (8)M26.3.16.50の表題を「汚染物質」から「自然毒」に変更し、かつ受付を開始する。
    (9)M26.3.16.50.1の表題を「サンプリング」から「水産毒」に変更し、かつ「水産毒」で受付を開始する。
    (10)M26.3.16.50.2「植物毒」を設定し、かつ受付を開始する。
    (11)M26.3.16.50.3「微生物毒」を設定し、かつ受付を開始する。
    (12)M26.3.16.50.10~M26.3.16.50.51のクラス(4)をすべて削除する。
    (13)M26.3.16.60の表題を「抗菌剤」から「汚染物質」に変更し、かつ受付を開始する。
    (14)M26.3.16.60.1「無機物」を設定し、かつ受付を開始する。
    (15)M26.3.16.60.2「有機物(M26.3.16.50を除く)」を設定し、かつ受付を開始する。
    (16)M26.3.16.60.3「放射能」を設定し、かつ受付を開始する。
    (17)M26.3.16.90「発酵生産物」の分類コードをM26.3.16.70に変更する。なお、申請受付中は継続する。
    (18)M26.3.17の表題を「飼料」から「器具・容器包装・玩具」に変更し、かつ受付を開始する。
    (19)M26.3.17の下位クラスは全て削除。
    (20)M26.3.18の表題を「肥料」から「分子生物学的試験品目」に変更し、かつ受付を開始する。
    (21)M26.3.18の下位クラスは全て削除。
    (22)新たにM26/M26.3/M26.3.18「化学試験/製品別分析試験/分子生物学的試験品目」の下位クラスにM26.3.18.1「タンパク質」及びM26.3.18.2「核酸」を設定し、かつ受付を開始する。
    (23)M26.3.25の表題を「食品添加物(食品添加物の試験方法)」から「添加物(添加物の試験方法)」に変更し、かつ受付を開始する。
    (24)M26.3.29「分子生物学的試験品目」及びその下位クラスはすべて削除。
    (25)M26.5.5.1「放散試験」の分類コードをM26.5.6に変更する。なお、申請受付中は継続する。
    (26)M26.5.11「内分泌攪乱物質」及びM26.5.12「産業廃棄物」並びに各々の下位クラスはすべて削除。
    (27)M26/M26.7「化学試験/有害物質の分析」の下位クラスにM26.7.6「生体試料」及びM26.7.7「繊維状物質(アスベスト)」を設定し、かつ受付を開始する。
    (28)M26/M26.7/M26.7.6「化学試験/有害物質の分析/生体試料」の下位クラスにM26.7.6.1「ダイオキシン類」を設定し、かつ受付を開始する。

  2. 適用日(発行日)
    2008年 1月15日

 

 

以上

 

■本件に関する問合せ先■
財団法人 日本適合性認定協会
認定センター 試験所認定
Tel.03-3442-1217 Fax.03-5475-2780

 

ページの先頭へ戻る