「不確かさセミナー」-VIMの改訂と不確かさ評価/GUMのための統計学-開催のお知らせ

2008年 4月17日
財団法人 日本適合性認定協会

本協会では、今年度も昨年に引き続き、「測定の不確かさ」に関する上記表題のセミナーを下記のように東京と大阪で開催いたします。

今回は、昨年末に「国際計量用語集」(VIM)が改訂され、ISO/IEC Guide 99:2007として発行されたのを受け、改訂の経緯と考え方、変更点、不確かさ評価との関連について解説いたします。講師には、JCGM(Joint Committee for Guides in Metrology)及びそのWGに2003年から出席し、VIM及び「計測における不確かさの表現のガイド」(GUM)の改訂に携わって来られた、今井秀孝氏をお迎えしました。

また、試験所・校正機関にとって必修科目とも言えるGUMを理解するためには、統計学の知識が欠かせません。今回は、JAB審査員 小貫英雄氏による統計学的なバックグラウンドについての解説を予定しております。

ぜひこの機会に、「不確かさ推定」について一層理解を深めて頂ければ幸いです。

お申込方法など詳細は、「不確かさセミナー開催案内」をご覧下さい。

 

大阪: 2008年7月15日(火)    大阪市中央公会堂
東京: 2008年8月 6日(水)    きゅりあん(品川区立総合区民会館)
   (10:00~17:00 両日とも同じプログラム)

「国際計量用語集(VIM)」の改訂と不確かさ評価との関連
  独立行政法人 産業技術総合研究所 顧問 今井秀孝

「計測における不確かさの表現のガイド(GUM)」のための統計学
  財団法人 日本適合性認定協会 審査員 小貫英雄

 

以上

 

ページの先頭へ戻る