ISO品質マネジメントシステム認証組織における鋼材の品質データ等に関する不祥事報道について

2008年 6月24日
財団法人 日本適合性認定協会

ISO品質マネジメントシステム(QMS)認証組織による鋼材の品質データ等に関する不祥事報道がなされております。
本協会ウェブサイトには、このような不祥事報道があった場合、第三者認定・認証制度の信頼性確保の観点から、情報公開に焦点を当てた認定・認証機関の望ましい対応について、「組織不祥事への認定・認証機関の対応について(組織不祥事対応検討会 報告書)」[2008-03-14]を公表しております。

今回の不祥事報道は、JFEスチール株式会社の「鋼管の水圧試験を行わず試験データを捏造」が発端でしたが、 6月18日付け経済産業省プレスリリースによりますと、一連の不祥事は、最終的に国内の鉄鋼メーカー90社のうち計10社となり、その大半はQMSの認証組織です。
これらのQMS認証組織のほとんどで認証審査を行った日本検査キューエイ株式会社は、上記の組織不祥事対応検討会報告書に記載されている対応フローに則り、報道内容に対する事実確認を含む調査を行い、認証機関としての対応状況等を既に 5月26日、 6月17日及び 6月18日付けにて同社ウェブサイトに公開しております。本協会では、これと並行して、事実確認の調査結果に基づいた認証機関としての見解及び今後の対応等に関する認定機関への報告を依頼しております。

本認定・認証制度では、認証機関は、不祥事報道のあった認証組織に対して事実確認等の初動調査により、臨時審査等の必要性を判断します。臨時審査を行い、不具合点があれば是正処置を求め、是正処置の内容次第では、当該組織に対する認証の一時停止、取り消し等を行う場合もあり得ます。
なお、認証機関に対しては、当該認証審査活動においての課題の有無に関しても検討を依頼しております。

本案件の今後の進展状況の公開・公表につきましては、認証機関の判断で適宜行っていくこととし、認証審査における課題が明確になった場合は、本協会としては関係先との協議のもと適切な処置を実施していく予定です。

 

以上

 

 

■本件に関する問合せ先■
財団法人 日本適合性認定協会
総務部 CS
E-mail: CS@jab.or.jp
Tel.03-3442-1218 Fax.03-5475-2780

認定センター
E-mail: SYS@jab.or.jp
Tel.03-3442-1214 Fax.03-5475-2780

 

ページの先頭へ戻る