JAB MS305-2009「マネジメントシステム認証機関に対する認定の基準」についての指針-QMS及びEMS審査の工数- の発行について

2009年 4月13日
財団法人 日本適合性認定協会

本協会は、JAB MS305-2009「マネジメントシステム認証機関に対する認定の基準」についての指針-QMS及びEMS審査の工数- (以下、MS305という)を2009年 4月10日付けで発行いたしましたので、ここに公表いたします。

主要内容につきましては、JAB MS305-2009「マネジメントシステム認証機関に対する認定の基準」についての指針-QMS及びEMS審査の工数-制定案の公開について[2009-02-19]を参照してください。

ドラフト段階での検討に当たりましては2009年 2月19日から 3月18日の期間に、制定案に対するご意見の募集を行い、関係各位から貴重な御意見を賜りました。コメントの概要とコメントに対する本協会技術委員会の処置につきましては、添付資料をご参照くださいコメントをお寄せいただきました方の御協力に厚く御礼申し上げます。

 

MS305は、それぞれ、現在JAB MS100-2007の指針として適用しているJAB R300-2006付属書2及びJAB RE300-2006付属書1に置き換わるものです。

適用要領等の詳細は下記の公表文書を参照ください。

公表文書:

  1. 発行文書

    JAB MS305-2009「マネジメントシステム認証機関に対する認定の基準」についての指針-QMS及びEMS審査の工数-(PDF 311KB)

  2. 発信文書

    09-認シス第0427号 JAB MS305「「マネジメントシステム認証機関に対する認定の基準」についての指針-QMS及びEMS審査の工数-」2009版の発行について(PDF 24KB)

  3. 適用要領に関する文書

    09-認シス第0432号 JAB MS305-2009の認定審査における適用について(PDF 21KB)

  4. コメント及び処置に関する文書

    JAB MS305-2009へのパブリックコメント及び処置(PDF 79KB)

 

以上
■本件に関する問合せ先■
財団法人 日本適合性認定協会
認定センター
Tel.03-3442-1214 Fax.03-5475-2780

 

ページの先頭へ戻る