MS 信頼性ガイドラインに対するアクションプラン -Part 2- ( マネジメントシステム認証懇談会報告 )

2010年12月28日
公益財団法人 日本適合性認定協会
財団法人 日本情報処理開発協会
マネジメントシステム認証懇談会

この度、マネジメントシステム認証懇談会 ( 以下、MS認証懇談会 ) では、約 1年にわたる活動結果を報告書としてまとめましたので、公表いたします。

2008年 7月29日に経済産業省「マネジメントシステム規格認証制度の信頼性確保のためのガイドライン」 ( 以下、ガイドラインという ) に対応するため、財団法人 日本適合性認定協会 ( JAB )、財団法人 日本情報処理開発協会 ( JIPDEC ) 及び日本マネジメントシステム認証機関協議会 ( JACB ) の各機関からの委員、有識者、及び、オブザーバーとして経済産業省産業技術環境局認証課の参加を得て「マネジメントシステム信頼性ガイドライン対応委員会」 ( 以下、MS 信頼性ガイドライン対応委員会という ) を設置し、アクションプランの検討を行ってまいりました。

その約一年間の活動結果として策定されたアクションプランについては、2009年 8月18日に「MS信頼性ガイドライン対応委員会報告書」として公表しております。

同報告では、ガイドラインの課題の中で、検討になお時間を要することからアクションプラン策定まで至らなかったものを今後の検討課題として残しておりました。これら課題について検討するため、MS 信頼性ガイドライン対応委員会を、要員認証機関も加えたMS認証懇談会として再編し、引き続き検討を重ねて参りました。

本報告書は、昨年策定されたアクションプラン ( Part-1 ) の実行状況と、MS 認証懇談会で検討した結果、新たに策定された追加アクションプラン ( Part-2 ) をまとめたものです。

今後、JAB、JIPDEC、JACB 加盟機関、要員認証機関ほか関係機関では、本報告書にあるアクションプラン -Part 2- を確実に実行し、マネジメントシステム認証の更なる信頼性向上へ向けた活動を展開して参ります。

  1. 公表文書

     

  2. 参考

     

■本件に関する問合せ先■
MS 認証懇談会事務局
公益財団法人 日本適合性認定協会
E-mail. MSGL@jab.or.jp

 

ページの先頭へ戻る