放射能測定に係る試験所認定について

2011年 4月 6日
公益財団法人 日本適合性認定協会

この度の東北地方太平洋沖地震において被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

この地震の影響により発生した福島原発事故に伴い、我が国の農作物、食品を中心に、海外では日本製品の受け入れの一時停止や検査強化の措置が講じられています。

このような事態の中、海外では日本製品の受け入れ前提として、信頼できる試験結果による安全性の証明が必要とされます。さらにこの試験は、国際的に容認される技術レベルをもつ試験所で行われている必要があります。

ILAC 相互承認メンバーである本協会は、ILAC 相互承認協定に基づく ISO/IEC 17025 試験所認定制度が上記要件を満たしうると判断しております。すなわち、ILAC 相互承認メンバーの認定シンボル付の試験報告書の添付が円滑な物流の促進となり、少しでも輸出産業に貢献できるのではないかと考え、放射能測定に係る試験所認定をご案内することにいたしました。

現在、本協会は公益財団法人として、この事態に迅速に対処すべく放射能測定に係る試験所認定に関する体制づくりを進めており、本年 5月から申請受付を予定しております。

認定に関するご質問がありましたら、気軽にお問合せ下さい。

 

■本件に関する問合せ先■
公益財団法人 日本適合性認定協会
認定センター LAB
E-mail. info-lab@jab.or.jp
Tel.03-3442-1217 Fax.03-5475-2780

 

ページの先頭へ戻る