MS 認証信頼性向上イニシアティブに基づく認定審査結果の情報公開についてのお知らせ

2011年8月31日
公益財団法人 日本適合性認定協会

2008年7月に経済産業省から公表された「マネジメントシステム規格認証制度の信頼性確保のためのガイドライン」 (以下、ガイドラインという) への対応の一環として、ガイドライン対応委員会により「認定審査結果の情報公開」の検討が進められてきました。

2009年8月に公表した同委員会報告書で、「認定機関は、審査結果として、認証機関の良い点・改善が望まれる点を公開する書式を定め、1年程度の時間をかけて、認証機関毎に具体的に試行することとし、誤解なくしかも効果的に表現することができることを確認したのち公開することにした。」との検討結果を報告し、その後準備期間を経て、2010年4月から2011年3月までの1年間、認定審査終了後、試行的に公開用文書案を作成し、各認証機関と検討を重ねてきました。
今般、ガイドライン対応委員会を引き継いだ MS 認証懇談会において、「MS 信頼性向上イニシアティブに基づく認定審査の結果の情報公開」として本年8月31日に初めて公開することといたしました。
本認定審査結果の情報公開の目的は、MS 認証制度のなかで、認証機関の信頼性を担保するため、認定機関が定期的に認証機関を審査しておりますが、その審査概要を公表することにより、認定審査の仕組みの透明性を確保し、認証機関が実施する審査を含めた認証業務システムの適合性、有効性を、認定審査の結果として公開することにより、MS 認証の信頼性向上につなげ、そしてこれを継続することによって、認証スキーム全体の信頼性向上を図ることを目的としています。

公開情報については、認定機関が、その内容について責任を持ち、公開前に認証機関の合意を得たうえで公開いたします。認証機関から公開に合意できないとの意思表明があった場合には、その理由を公表いたします。
本情報公開様式及び同説明書につきましては、下記をご参照ください。

 

MS 認証信頼性向上イニシアティブ (JIREC) とは

マネジメントシステム (MS) 認定・認証制度が開始されてから約15年になりますが、日本においては品質マネジメントシステム認証や、環境マネジメントシステム認証、情報セキュリティーマネジメントシステム認証等について右肩上がりの成長が見られました。
しかし、MS 認証の普及進展とともに2005年頃より認証を受けた企業・組織の不祥事も目に付くようになってきたことから、MS 認証の信頼性向上が急務であるとの認識が広がり、経済産業省が2008年7月にマネジメントシステム認証制度信頼性確保ガイドラインを発表しました。
国内 MS 認定機関及びこれらより認定を受けた認証機関は、このガイドラインへ対応すべく委員会を設置し、2009年8月に MS 認証信頼性ガイドライン対応委員会アクションプランを策定 (アクションプラン Part-1) 、さらに2010年12月には、Part-1 で残された課題に対応する MS 認証懇談会報告書「MS 信頼性ガイドラインに対するアクションプラン Part-2」を策定しました。MS 認証懇談会は、これらアクションプランを「MS 認証信頼性向上イニシアティブ (JIREC) 」として展開しております。

今後とも、認定・認証制度の信頼性向上にご理解賜りますようお願いいたします。

(参考)

 

■本件に関する問合せ先■
公益財団法人 日本適合性認定協会
認定センター
E-mail. JIREC@jab.or.jp
Tel.03-3442-1214 Fax.03-5475-2780

ページの先頭へ戻る