ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム認証機関 初認定授与式

2012年1月19日
公益財団法人 日本適合性認定協会

本協会は、2011年12月16日に開催された第69回マネジメントシステム認定委員会において、以下の2機関に対し、ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム認証機関として初認定を授与いたしました。

今回の初認定に対し、認定授与式を1月10日 (火) 午前10時15分より本協会で行いましたので報告いたします。なお、認定された機関の詳細については、本協会ウェブサイトの「認定された機関・試験所等」の項目をご覧ください。

今回認定された ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム認証機関

  • 一般財団法人 日本ガス機器検査協会 QAセンター (略称: JIA-QA Center)
  • BSI グループジャパン株式会社 (略称: BSI-J)

[ISO 50001 の目的と意図]

ISO 50001 の目的は「組織が、エネルギーの効率、使用及び消費量を含むエネルギーパフォーマンスを改善するために必要なシステム及びプロセスの確立を可能にすること」であり、エネルギーパフォーマンス改善のためのエネルギー管理を行うことを明確に打ち出しています。
その意図は、「エネルギーの体系的な運用管理によって、温室効果ガスの排出量、その他の環境影響及びエネルギーコストの低減につながること」を意図して策定された規格です。

[認証審査・認定審査について]

認証審査のポイントとしては、「組織の仕組みが有効に機能し、組織のエネルギーパフォーマンス改善に結びついているか」などが挙げられます。認定審査においても、これらの視点を含め、認証審査が適切に実施されているかを確認していきます。

[今後の展望]

国内外を問わず、積極的な省エネルギーへの取り組みが求められる現在、ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム認証・認定制度による貢献が期待されています。

[認定授与式の模様]

 

認定授与式の模様
2012年1月10日

 

 

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 日本適合性認定協会
総務部 CS
E-mail: CS@jab.or.jp
Tel.03-3442-1210 Fax.03-5475-2780

ページの先頭へ戻る