IAF Resolution発行にともなうマネジメントシステム分野拡大認定料金の特例措置の実施(期間限定)

2017年6月8日
公益財団法人 日本適合性認定協会

 

2016年11月発行のIAF Resolutionによって、認定分野と非認定分野にまたがるマネジメントシステム認証について、次の取り扱いを行うことが規定されました。
 
  a. 認証を認定分野と非認定分野に分割して発行する。(適切な場合)
  b. 認定を拡大し、認定付き認証として発行する。
 
本協会はb.の取り扱いを推奨する立場から、そのための施策として、期間限定で認定に関わる料金を減額することにいたしました。

特例措置の内容

  ① 拡大申請料        100,000円(申請するマネジメントシステム数にかかわらず一律) 

  ② 拡大審査基本料  200,000円(1マネジメントシステム)、300,000円(2マネジメントシステム)
  ③ 登録料              100,000円(申請するマネジメントシステム数にかかわらず一律)

特例措置の期間

2017年6月8日から2019年4月30日とし、この期間内に申請書を受理した品質及び環境マネジメントシステムにかかる既認定認証機関による分野拡大審査に適用します。

申請の詳細につきましては、下記にお問い合わせください。

本件に関するお問い合わせ先
公益財団法人 日本適合性認定協会
認定センター
E-mail. apply-cb@jab.or.jp
Tel.03-3442-1213 Fax.03-5475-2780

ページの先頭へ戻る