株式会社 ISO審査登録機構からの異議申立てに対する異議処理パネル判定結果

2017年6月30日
公益財団法人 日本適合性認定協会

2017年3月29日付 株式会社 ISO審査登録機構(RB-ISO) からの異議申立て受理のお知らせ のとおり、RB-ISOから2017年3月22日付で認定の一時停止に対して異議申立てがありました。
この異議申立てに対して、本協会は異議処理パネルを設置し、2017年5月10日に第1回パネルを開催し、合計3回のパネル審議を行った結果、以下の結論となりましたので、公表いたします。

1. 異議申立ての内容

『認定委員会審議結果についての不服』
 認定センターが認定委員会に付議した内容は、認定の一時停止の事由に相当しない為。
理由は、本件の修正処置は全て完了済みであり、過去も現在も利害抵触が発生していないことを確認し、認定センターへ報告済みである。

2. 判定結果

  • 第131回マネジメントシステム認定委員会の判定結果「認定の一時停止」は適切であったと判定する。

3. 判定の理由

2017年6月15日に実施した申立て者へのヒアリングによって、申立て者の理解の程度も含め、申立て内容を確認し、以下3点のことから第131回マネジメントシステム認定委員会の判定結果は適切であったと結論した。

  1. 一時停止の判断根拠(不適合)への具体的な異議が述べられていない。
  2. 修正処置は完了済みとしているが、修正・是正処置の完了は認定委員会が決定する事項であり、現時点では是正処置が完了したとは認められない。
  3. 利害抵触は無かったとしているが、当該機関に受審した組織へのヒアリングをまとめただけでは利害抵触がなかったことを証明するには不充分である。利害抵触の有無は審査の結果を基に認定委員会が決定する事項である。  

4. 認定の状態

  • この判定結果を以って、当該機関に対する「一時停止」が2017年3月17日に遡り適用される。
     

本件に関するお問い合わせ先
公益財団法人 日本適合性認定協会
総務部 監理パネル事務局
E-mail. MP@jab.or.jp

ページの先頭へ戻る