JAB PD200-2011「製品認証機関の認定の手順」改定案の公開について(2010年12月24日~2011年1月21日)

2010年12月24日
公益財団法人 日本適合性認定協会

本協会は、標記文書の改定に当たり、改定案を公開し、ご意見を募集いたします。
これに関するご意見等につきましては、2011年1月21日(金)17:30必着にて添付の様式により下記ご意見送付先電子メールアドレス宛にお送りいただきますようお願いいたします。

いただきましたご意見等につきましては、改定最終案の作成において参考にさせていただきます。
なお、原則として、住所、電話番号、FAX 番号及び電子メールアドレスを除きすべて公開されますことをあらかじめご承知おきください。また、匿名でのご意見は受付いたしかねますのでご了承ください。

本文書の主な改定内容及び適用日は下記のとおりです。

1. JAB PD200-2010 からの主な改定内容 (括弧内は PD200 中の対象番号)

1. International Accreditation Forum (IAF) 発行の新規文書*への対応、運用実績に基づく及びユーザビリティの向上に資するための規定の改善及び明確化。

  • a. 関連文書として JAB N501「適合性評価機関に適用される制裁措置の整合性に関する IAF 基準文書」を追加 ( 2.5 )
  • b. 認定の一時停止を実施する事項の追加 ( 9.3.2.1 g) )
  • c. 認定の取消し及び認定範囲の縮小を行う事項の追加 ( 9.3.3.1 )
  • d. 認定の一時停止・取消しを IAF へ通知する場合 ( 9.3.6 )

*IAF Mandatory Document for Harmonization of Sanctions to be applied to Conformity Assessment Bodies ( IAF MD 7:2010 )

2. 認定機関の安定区分の設定

認定審査プログラムに関する詳細の明確化 ( 7.6 )

3. 運用実績に基づく及びユーザビリティの向上に資するための規定の改善及び明確化

  • a. ICS コードの説明を追加 ( 2.2 )
  • b.  JAB 規則 ( N420 ) の改定に伴う修正 ( 2.2, 9.3.5 )
  • c. JAB 料金規定改廃に伴う修正 ( 2.4, 4.11, 8, 9 )
  • d. 「事業所」と「本部又は主たる事務所」の定義 ( 3.16 )
  • e. 申請受領の際に公表及びコメント受付を行わない場合の明確化 ( 5.2.1 )
  • f. 申請受領の際に公表及びコメント受付を行わない場合にも申請受理の公表を行うことを明記 ( 5.3 )
  • g.  申請の有効期限を明記 ( 5.4 )
  • h. 立会い対象を追加 ( 6.5.1 )
  • i. 認定審査報告書の発行に関する詳細の明確化 ( 6.8.1 )
  • j. 認定審査の中断に関する規定の追加 ( 6.10 )
  • k. 認定の継続の確認を追加 ( 8.5 )
  • l. 9.1 に次を追加:「ただし、申請の受理の公表は行わない。」 ( 9.1 )
  • m.  審査対象文書に外国語が使用されている場合の考え方 ( 付表2 備考4 )
  • n.  最終会議に関する標準工数の変更 ( 付表2 備考5 )
  • o. その他、編集上の修正など

2. 適用日(予定)

2011年2月中旬

3. ご意見募集対象文書

JAB PD200-2011「製品認証機関の認定の手順」(D3) (PDF/348KB)

4. ご意見記入様式

JAB AF73-REV.2「コメント様式」 (WORD/36KB)

5. 関連文書

JAB N501-2010 適合性評価機関に適用される制裁措置の整合性に関する IAF 基準文書 (PDF/286KB)原文は IAF ウェブサイト [ Home > Publications > 6. Mandatory Documents ( MD Series ) ] に掲載されています。

IAF Mandatory Document for Harmonization of Sanctions to be applied to Conformity Assessment Bodies (IAF MD 7:2010) (PDF/190KB)

6. ご意見送付先

公益財団法人 日本適合性認定協会
認定センター
E-mail: PD200-2011@jab.or.jp

以上

 

ページの先頭へ戻る