JAB MS103:2012 第1版 「マネジメントシステム認証機関に対する認定の補足基準-労働安全衛生マネジメントシステム-」制定案の公開について(2012年6月20日~2012年7月18日)

2012年6月20日
公益財団法人 日本適合性認定協会

本協会は、標記文書の制定に当たり、制定案を公開し、ご意見を募集いたします。

これに関するご意見は、2012年7月18日 (水) 17:30必着で、所定の様式により、ご意見送付先電子メールアドレス宛にお送りください。いただきましたご意見は、発行最終案の作成において参考にさせていただきます。なお送付いただきました情報は、原則として、住所、電話番号、FAX 番号及び電子メールアドレスを除きすべて公開されますことをあらかじめご承知おきください。匿名でのご意見は受付いたしかねますのでご了承ください。本文書の主な制定内容、適用日は下記のとおりです。

 

新規発行の理由・背景 

労働安全衛生マネジメントシステム (OHSMS) 認証に係る認定を開始するにあたり、当該分野特有の要求事項を示すことにより、認定を受けた認証のばらつきを防ぎ、第三者に対する認証の信頼性を増すことを目的とする。本基準案は、認証機関に要求されている規定を JIS Q 17021 (JAB MS100) の構成に則って定めたものである。

なお本基準案の作成にあたり、本協会のマネジメントシステム技術委員会では、次のような議論があった。

OH9.2.2.2 に認証申請受理の条件として、順法に係る事項を規定したことに関して

  • 一定期間申請を受け付けないといったことを規定するよりも、当該組織の審査工数を増やす等により、審査を十分に行う仕組みを持つことの方が、認証機関としては重要である。
  • 認定を受けた認証が信頼性のおけるものであると第三者に認識されるためには、必要な条件である。

OH9.2.2.2 b) 及び OH9.6.5 b) に、労働安全衛生に関連しない法規制に違反している状態に対する条件を規定したことに関して

  • 労働安全衛生法以外のすべての法令の規定とすると、対象範囲が広すぎる。
  • 令を順守することは組織の基本であり、社会に対して認定・認証の信頼性を示すためには必要である

 MS103:2012 の主な内容 (括弧内は MS103 中の対象項番)

  • 被認証組織から認証機関への通知 (OH8.6)
  • 認証機関が認証申請を受け付けるにあたっての条件 (OH9.2.2.2)
  • 短期予告審査の必要性の検討 (OH9.5.2)
  • 認証の一時停止に関する考慮事項 (OH9.6.2)
  • 認証の取消しの条件 (OH9.6.5)

適用日 (予定)

発行日 * 以降に立案する審査に適用。
* 2012年8月初旬を予定

ご意見募集対象文書

JAB MS103:2012 第1版 マネジメントシステム認証機関に対する認定の補足基準-労働安全衛生マネジメントシステム- D2 (PDF/124KB) 

ご意見記入用様式

JAB AF73-REV.2 コメント様式 (WORD/36KB)

ご意見送付先

公益財団法人 日本適合性認定協会 認定センター
E-mail. MS1032012V1@jab.or.jp

 

以上
 

ページの先頭へ戻る