JAB MS102:2014第10版「マネジメントシステム認証機関に対する認定の補足基準-情報通信品質マネジメントシステム-」改定案の公開について

2014年2月7日
公益財団法人 日本適合性認定協会

本協会は、標記文書の改定を行うにあたり、改定原案を公開し、ご意見を募集いたします。

これに関するご意見は、2014年3月6日 (木) 17:30必着にて、下記のとおり、所定の様式により、ご意見送付先電子メールアドレス宛にお送りください。
いただきましたご意見は、改定最終案の作成において参考にさせていただきます。
なお、送付いただきました情報は、原則として、住所、電話番号、FAX 番号及び電子メールアドレスを除きすべて公開されますことをあらかじめご承知おきください。匿名でのご意見は受付いたしかねますのでご了承ください。

本文書の主な改定内容、適用日は下記のとおりです。

1. 改定の背景・理由

先般、クエストフォーラム発行の「TL 9000品質マネジメントシステム要求事項ハンドブック」がR5.0からR5.5に改定された。また、現在、クエストフォーラム発行のTL 9000スキーム関連文書(移行パス、審査工数、審査員資格等にかかる文書)の最新版の翻訳をクエストフォーラム日本ハブにて進めている。これらに対応するため、改定を行う。

2. MS102:2012第9版からの主な変更内容(括弧内はMS102中の対象項番)

  1. 要求事項ハンドブックR5.5の適用対象の見直し(電気通信 ⇒ 情報通信)の反映(文書タイトル他)
  2. 要求事項ハンドブックR5.0からR5.5への移行期間が、2013年12月末から2014年12月末と設定されたことを記載(2.)
  3. クエストフォーラム発行のTL 9000関連文書の最新版の邦訳を反映(4.、7.、附属書B)
  4. その他、前a.、b.に関する箇所の見直し及び編集上の修正

3. 今後のスケジュール

  1. パブリックコメント募集:2014年2月7日~3月6日
  2. 2014年4月発行及び適用予定 

4. ご意見募集対象文書

JAB MS102:2014第10版「マネジメントシステム認証機関に対する認定の補足基準-情報通信品質マネジメントシステム-」D1.1(PDF 337KB) 

5.参考文書

13-002A ”TL 9000 Informational Alert”(PDF 78.2KB)
(注:前2. b)の根拠)

6. ご意見記入用様式

JAB AF73-REV.2「コメント様式」(WORD 36KB)

7. ご意見送付先

公益財団法人 日本適合性認定協会 認定センター
E-mail. MS1022014V10@jab.or.jp

以上 

ページの先頭へ戻る