JAB RL367:2017 第1版 電気試験分野の技能試験要否一覧 制定案の公開について(2016年10月18日~2016年11月30日)

2016年10月18日
公益財団法人 日本適合性認定協会

本協会は、標記文書の制定にあたり制定案を公開し、ご意見を募集いたします。

これに関するご意見等は、2016年11月30日 (水) 17:30必着にて、所定の様式により、ご意見送付先電子メールアドレス宛にお送りください。いただきましたご意見等は、改定最終案の作成において参考にさせていただきます。
なお、原則として、住所、電話番号、FAX 番号及び電子メールアドレスを除き、すべて公開されることをあらかじめご承知おきください。また、匿名でのご意見は受付いたしかねますのでご了承ください。

本文書の制定の趣旨及び適用日は下記のとおりです。

 

1.本文書の制定の趣旨

 ・JAB RL230 技能試験の選択及び参加に関する方針が改定され、その第6項で試験所が自主的に技能試験を開発できる場合には必ず技能試験を実施しなければならなくなりました。従来電気分野においては認定範囲内で参加できる技能試験がない場合は技能試験なしで認定取得可能でしたが、今後はこの方針に従い、自主的に開発できる場合は必ず実施していただくことになります。このため自主的に開発できるか否かの明確な線引きが必要になったため、本文書により技能試験の要否を明確にしました。

・本文書左欄の分類コードで認定を受けている又は受けようとしている試験所は本文書右欄記載の要否に従い、要の場合は各分類コードごとに技能試験を実施する必要があります。

適用日 (予定)

 2017年6月1日

ご意見募集対象文書

 JAB RL367:2017 第1版 電気試験分野の技能試験要否一覧ー制定案(PDF 203KB)

ご意見記入用様式

JAB AF73-REV.2 コメント様式 (WORD/36KB)

ご意見送付先

公益財団法人 日本適合性認定協会 認定センター
E-mail. RL3672017V1@jab.or.jp 

以上
 

ページの先頭へ戻る