【意見募集終了】JAB N410:2024第20版「認定シンボル使用規則」改定案の公開について

2024年2月13日
2024年1月15日
公益財団法人 日本適合性認定協会

 ※この案件については、すでに意見募集は終了していますので、意見・情報の提出はできません。

本協会は、標記文書の改定にあたり改定案を公開し、ご意見を募集いたします。

 
これに関するご意見等は、2024年2月13日(火) 17:30必着にて、所定の様式により、ご意見送付先電子メールアドレス宛にお送りください。
いただきましたご意見等は、改定最終案の作成において参考にさせていただきます。
 
提出いただきましたご意見等については、氏名、住所、電話番号及び電子メールアドレスを除き、すべて公開される可能性があることを、あらかじめご承知おきください。
ただし、ご意見等の中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別しうる記述がある場合及び個人・法人等の財産権等を害するおそれがあると判断される場合には、公表の際に当該箇所を伏せさせていただきます。
 
ご意見等に付記された氏名、連絡先等の個人情報については、適正に管理し、ご意見等の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認といった、本案に対する意見公募に関する業務にのみ利用させていただきます。
 
なお、匿名でのご意見は受付いたしかねますのでご了承ください。
また、本文書に関係ないご意見等については、対応しない場合があります。
 
本文書の主な改定内容、適用日は下記のとおりです。
 

1.改定の主な背景・理由

  • バイオバンク認定事業の開始に備え、当該認定スキームについて追記。
  • 旧認定シンボルの移行期間終了(2024年2月29日)に伴い、旧認定シンボルの取扱いを追記。
  • 標準物質生産者及び技能試験提供者において、RM文書や報告書等に認可団体等の別団体の名称を併記する場合の規定を追記。
  • その他、全体の見直しを実施。(詳細は2. 変更点を参照)

2.JAB N410:2021第19版からの変更点

  • 箇条7及び8、認定の一時停止、取消し及び認定範囲の縮小に係る規定を整理
  • 図1〈校正機関・基準測定検査室〉認定シンボルを〈校正機関〉認定シンボルに統合する旨及びその移行期間を追記
  • 附属書A 旧認定シンボルに係る規定を削除(附属書Jへ移動)、A2 製品認証機関が認証した製品へ認定シンボルを貼付する場合の規定を削除、製品認証機関によって認証された組織が認定シンボルを表示した製品サービスを国外に輸出する場合の留意事項(備考)を追記
  • 附属書A及びDに、IAF MLAマークの使用について追記
  • 附属書C、E及びFに、MRA複合シンボルの使用について追記
  • 附属書C(検査ラベル)、附属書D(妥当性確認検証ラベル)及び附属書E(標準物質ラベル)について、認定シンボル使用前に本協会の承認を得る規定を削除
  • 附属書E及びFに、認可団体を併記する場合の規定を追記
  • 附属書G バイオバンクの認定シンボル及びその規定を追加
  • 附属書H2に、IAF ML2:2023サブライセンシー契約について追記、H2 e) 製品認証機関はIAF MLAマークを使用できない旨を削除
  • 附属書Iに、MRA複合シンボルの名刺への使用例を追加
  • 附属書Jを追加し、旧認定シンボルの取扱いをまとめて記載
  • その他、引用文書の見直し、附属書間の記述の整合、全体見直しを実施

3.今後のスケジュール

パブリックコメント募集:2024年1月15日~2024年2月13日
発行予定日:2024年3月上旬
適用予定日:2024年4月1日

4.ご意見募集対象文書

JAB N410:2024第20版「認定シンボル使用規則」D1 (PDF 1,036KB)

JAB N410:2024第20版「認定シンボル使用規則」D1 (変更履歴あり) (PDF 1,502KB)

5.ご意見記入用様式

JAB AF73-REV.3「コメント様式」 (WORD 20KB)

6.ご意見送付先

公益財団法人 日本適合性認定協会 企画管理部
E-mail: N4102024V20@jab.or.jp

以上

ページの先頭へ戻る