検査機関の認定(ISO/IEC 17020)

概要

検査は、JIS Q 17000(ISO/IEC 17000)では、次のように定義されています。

検査: 製品設計,製品(3.3),プロセス又は据付けの調査,及びその特定要求事項に対する適合性の確定,又は一般要求事項に対する適合性の専門的判断に基づく確定。

上述の定義のように、検査の対象となる品目は非常にバラエティに富んでおり、また、その行為も製品の試験結果をもとに特定の製品規格に照らして規格適合性を判断するような試験の延長線上にあるようなものから、専門家が十分に培われた経験をもとに目、耳、鼻など人間の五感を使って良品であるか否かのような包括的な基準に対して専門的判断をする(人間の能力に大きく依存する)ものまで幅広く存在します。

検査にとって特徴的なことは、検査には必ず何らかの判定基準があって、それに対する適否の判定を伴うことです。また、生産ロットなどの製品等の集団に対して基準適合性を表明できるという特徴も持っています。

検査機関とは、このような検査を実施する機関のことです。

検査機関認定制度とは、認定機関が国際規格ISO/IEC 17020(JI Q 17020)「検査を実施する各種機関の運営に関する一般要求事項」を用いて検査機関を審査し、検査機関の検査実施能力を公式に実証したことを表明する制度をいいます。

ISO/IEC 17020による検査機関認定制度は、世界中で実施されており、これまでに世界で6500以上の検査機関が認定されています。わが国では本協会が2005年4月1日にこの制度を開始しました。

メリット

検査機関認定のメリット

検査機関にとって

  • 検査能力の客観的な証明ができる:
    同一産業界でのみ実施されている認定制度、又は自ら検査能力があると宣言する場合等に比べ、完全な第三者である本協会から認定を取得していることは、検査能力を透明性を持って客観的に証明することに役立ちます。
  • 検査能力の国際的な証明ができる:
    本協会は、検査機関認定において国際相互承認に署名しており、ISO/IEC 17020認定を取得した検査機関は、検査機関としての能力を国際的に証明できます。また自ら発行する検査報告書(検査証明書)に本協会指定の認定シンボルを付けることができ、認定シンボル付きの検査報告書は海外でも同等性をもって受け入れられることが期待できます。
  • 検査機関としての能力の向上ができる:
    検査機関が品質マネジメントシステムを有効に機能させることにより、検査プロセスや品質の向上を図ることができ、検査ミスなどのリスクの低減に役立ちます。また、認定審査やサーベイランスを通じて常に外部から刺激を受けることによりマンネリ化を防ぐことも出来ます。

検査機関の顧客にとって

  • 信頼できる検査機関を見つけることができる:
    検査の公平性や検査能力等が乏しい検査機関は検査機関認定を取得できません。従って検査機関認定を取得している検査機関が発行する検査報告書は信頼性が高いといえます。
  • 海外顧客の信頼に応えることが出来る。
    海外では試験所や検査機関が認定を受けることが機関の有力な能力証明のツールとなっており、顧客が海外に製品を輸出する場合などの検査証明が、信頼を持って受け入れられます。
  • 検査機関の能力の監視に使うことが出来る。
    認定審査やサーベイランスを通じて検査機関は定期的に評価されており、検査機関を継続して利用する場合に、検査機関の能力を自ら監査することなく利用することが出来ます。

検査機関のタイプ

検査機関の独立性に応じて、タイプA 検査機関、タイプB 検査機関又はタイプC 検査機関のいずれかに分類されます。

  • タイプA検査機関とは、 もっとも独立性の高い第三者検査機関で、製品等の取引に掛かる当事者から完全に独立した検査機関です。
  • タイプB検査機関とは、 製品等の供給者又は購買者となる組織の一部である検査機関で、検査サービスを親組織のみに提供する検査機関です。
  • タイプC検査機関とは、製品等の供給者又は購買者となる組織の一部である検査機関で、検査サービスを親組織のみならず、外部の顧客に対しても提供する検査機関です。
     

申請・届出

申請用紙

【初回・更新・拡大申請用】

■認定申請書

   検査機関認定申請書 [JAB RFI01 REV.2] (WORD 67KB)

   検査機関認定申請書 [JAB RFI01E REV.2]【英文】 (WORD 66KB)

   参考文書:JAB NL512:2015 第1版 単位や学名等の記載方法について (PDF 172KB)

■申請書添付書類リスト

   認定申請書添付書類リスト(検査機関)[JAB RFI03 REV.6] (WORD 69KB)

■変更事項一覧表

   更新申請に係る変更事項一覧表[JAB RFL17 REV.0](WORD 30KB)

■申請用チェックリスト

   申請用チェックリスト (JIS Q 17020/ILAC P15:06/2014用) [JAB RFI35 REV.4]
         (WORD 931KB)

■誓約書

   誓約書 [JAB RF20 REV.4] (WORD 45KB)

【定期サーベイランス用】

■定期サーベイランス用提出書類一覧

   定期サーベイランス用提出書類一覧(検査機関用) [JAB RFI27 REV.0] (WORD 64KB)

【共通】

■移動費申告書兼合意書

   移動費申告書兼合意書 [JAB RFL101 REV.0] (EXCEL 57KB)

■オブザーバー参加申請書

   オブザーバー参加申請書 [JAB RF22 REV.1] (WORD 35KB)

回答書

■回答書

   是正処置回答書/確認書 [JAB RFL61 REV.11](WORD 41KB)

   是正処置回答書 [JAB RFL61 REV.11] 記入例(PDF 116KB)

契約書

■認定契約書

   認定契約書 [JAB RFL09 REV.6](PDF 154KB)

変更届 変更届
料金表 料金表

 

お問い合せ

申請・届出の記載、手続きに関するご質問、お問い合わせを承ります。

 

Tel.03-3442-1211 Fax.03-5475-2780
担当:認定センター認定業務グループ(LAB)
E-mail. apply-lab@jab.or.jp 

ページの先頭へ戻る