認定までの流れ

申請書類提出 本協会指定の認定申請書(RFI01)に、必要な事項を記入し、機関の法人代表者が署名又は記名押印の上、認定申請書添付書類リスト(RFI03)に記載の書類を添付して、本協会に提出します。その際、本協会の認定範囲分類(RI207)に沿って、希望する認定範囲等について明確にします。

申請受領

本協会は、提出された認定申請書及び添付書類が揃っていること並びに申請に必要な要件*を満たしていることなどを確認後、これらを受領します。

*該当する場合、技能試験に参加していることを含みます。

申請受領の公表 本協会のウェブサイトで認定申請書受領の事実を1か月間公表し、利害関係者からのコメントを受け付けます。

コメントの処理 本協会は、コメント及び申請内容を評価し、次のステップに進めるか否かを判断します。

申請受理

本協会は、申請の受理又は不受理を決定し、機関に通知します。同時にその結果をウェブサイトに公表します。

予備訪問 本協会は、機関との合意のもとに予備訪問を実施します。

書類審査 提供したすべての関連文書及び記録のレビューを受けます。

現地審査

一つ又は複数の主要な活動を行っているすべての事業所の審査**を受けます。

**審査には、検査の活動への立会を含みます。

**特定された不適合がある場合には、是正処置回答を行い、レビュー及び、必要であれば、フォローアップ審査を受けます。

認定の決定 本協会が設置する認定委員会によって、認定審査のプロセスで収集したすべての情報及び他の関連情報の評価に基づき認定の可否が決定されます。

決定の通知 認定委員会の決定が通知されます。

認定証の交付 契約の締結の後、認定証が交付されます。

認定の公表 本協会のウェブサイトで認定された機関一覧に掲載されます。

サーベイランス 認定の有効期間中(4年間)に2回の定期サーベイランス現地審査を受けます。

更新審査 認定の有効期間の満了日までに認定の更新が行われるように更新審査を受けます。

 

申請・届出のダウンロードは、以下リンクをクリックしてください。

申請・届出

 

 

ページの先頭へ戻る