製品認証機関の認定(ISO/IEC 17065)

概要


本協会は、製品認証機関が特定製品について製品規格への適合性を評価し認証をする能力を有しているかどうかを、ISO/IEC 17065「適合性評価-製品、プロセス及びサービスの認証を行う機関に対する要求事項」に基づいて審査し、認定を行っています。

特定製品の認証を行う能力とは、対象製品の評価(試験、検査、関連システム審査等)並びに評価結果に基づく認証業務に従事している個々の要員の職務遂行能力、個々の評価設備の能力及び各評価遂行能力(適切な評価方法の選択等)を意味しています。具体的には、製品認証機関は、認証対象製品の名称、認証する製品の記述、製品認証システムの類型、認証に適用する規格/規則等を明示して認定を申請し、本協会はその申請に対して製品認証機関の能力及びシステムを審査し、認定します。ただし、製品の全数を評価するのは不可能な場合が多く、通常はサンプリングと組み合わせて実施されています。

製品認証機関認定制度の対象は、製品の関連製品規格への適合を認証する製品認証機関であり、製品認証機関が特定製品の認証を行う能力を、ISO/IEC 17065(分野によっては補足基準を併用)に基づいて認定するものです。自家発電装置、抗菌防臭加工繊維、電気工作物の溶接、マーケットリサーチ・サービス、風力発電製品:小形風車、森林認証、セキュア制御機器、GAP(Good Agricultural Practice)認証の製品認証機関の認定を行っています。

本協会は製品認証分野のIAF MLAメンバーとなっていますので、認定された製品認証機関は、国際的に信頼できるものとして認められます。

メリット

製品認証機関の認定のメリット


第三者として製品を認証する能力があると認められることから、第一者(製品を供給する人)や第二者(製品を購入する人)から信頼され、かつ社会的にも信頼されることになります。そのような認定された製品認証機関から認証された製品は、認証の基準を満足する製品であることが保証され、消費者は安心してその製品を購入することができます。

ISO/IEC 17065で認定された製品認証機関により認証を受けた製品には、製品認証機関の認証マークとペアにして本協会の認定シンボルを使用(貼付)することができます。

本協会の認定シンボルの付けられた認定証は、IAF MLA(国際相互承認)メンバー内の相互承認により、世界に通用します。

製品認証システムとは

ISO/IEC 17000(「適合性-用語及び一般原則」の附属書A(参考)適合性評価の原則)に基づいて製品を認証するプロセスをシステムとして位置付け、 ISO/IEC 17067「適合性評価-製品認証の基礎及び製品認証スキーム」に規定されています。評価するの製品の選択(Sampling)から始まり、製品の特性の 確定(Testing)、試験結果のレビュー(Evaluation)、認証の決定(Decision)、ライセンスの授与(Licensing)、サー ベイランス(Surveillance)という一連のプロセスを統合化したものを製品認証システムと呼んでいます。

 

申請・届出

本協会に初めて申請をされる場合は、「お問い合わせ先」までご連絡ください。

申請用紙

製品認証機関認定申請書 [JAB RFP01 REV.6] (WORD)

製品認証機関認定申請書 [JAB RFP01 REV.6] 記載要領等 (PDF)

誓約書 [JAB RF20 REV.3] (WORD)

契約書

認定契約書 [JAB RF30 REV.7] (PDF 137KB)

変更用紙
料金表
変更用紙、料金表

 

申請・届出の記載、手続きに関するご質問は、お問合せフォームをご利用下さい。

     お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る